忍者ブログ
Celsus
オリジナル小説を掲載しています。
 164 |  165 |  167 |  166 |  168 |  169 |  170 |  171 |  172 |  173 |  174 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「王妃の剣」お読み頂きありがとうございます。
現在書籍化のため、第一部を削除した状態で運営しております。
そのため、二部からでもなんとなく読めるよう、文書等の整理を行うとともに、
第一部の内容のあらすじのページを付け加えさせて頂いております。

***あらすじ********************************************************

剣術に優れている貧乏男爵令嬢リーヴェは、推薦人にだまされ、王妃の女官兼騎士にされてしまう。
ある日、彼女は王妃に命じられ、倒れたヴァルデマー公爵の元へ行くことに。
ミステリアスな近衛騎士セアンたちと共に訪ねた公爵家。そこで待っていたのは、美しいラルス公子だった。
滞在中、リーヴェはラルスに惹かれていくが、セアンから彼を好きになるなと言われてしまう。
その最中、公爵が何者かに毒を盛られている証拠が見つかり…。

**********************************************************************

第一部はこのような内容でお送りしております。
主人公リーヴェが王妃に仕えていること。
女官と騎士の兼用な感じの役割であること。
第一部の事件後、再び王宮へ戻ってきてからが、第二部のお話の内容になります。

   前ページへ   目次   次ページへ

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Celsus  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
プロフィール
HN:
奏多(佐槻奏多)
性別:
非公開
自己紹介:
気の向くまま書いた話を、気が向いた時にUPしていきます。
著作権は全て奏多に帰属します。ご注意下さい。
ご用のある方は↓(★を@に変更して)まで。
kanata.tuki★live.jp
カウンター
web拍手
リンク
ブログ内検索
バーコード