忍者ブログ
Celsus
オリジナル小説を掲載しています。
 122 |  127 |  123 |  124 |  125 |  128 |  129 |  135 |  130 |  131 |  136 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「くっ……面倒な」
 帯と上に羽織るガウンはいいが、コルセットを締めている紐がほどけにくい。
 リーヴェはお腹をひっこませてコルセットを回し、紐の位置を移動させようとした。が、脇のあたりまで動かすのがせいぜいだった。
 しかたなく横をむいてちょこちょこと紐をほどき、ようやくドレスから解放される。
 馬車で出発してそれほど経っていないが、リーヴェは急いで着替えていた。
 当初は最初の目的地まで、大人しく女官然としているつもりだったのだ。が、カールに宣戦布告された後では、そんな悠長なことをしていられない。
 カールに知れた以上、追っ手がかかることは確実だ。賭けの事もそうだが、ドレス姿でうっかり殺されては、悔やんでも悔やみきれない。
 急いで思う存分戦えるようにしておこうと思ったのだ。
 ようやくシャツを羽織るところまでたどりつく。
 強い風のせいで、馬車も通常よりガタガタと揺れていたが、ドレスを脱ぐよりは男物の服を着る方がずっと楽にできた。
 上からジャケットを着る前にと、結った髪をほどいて束ね直していると、馬車の扉が叩かれた。
 馬車の中はランプの明かりを灯している。そのため着替えを見られてはかなわないと、扉の窓にはカーテンを引いていた。
 それをめくると、横を併走しているトールが見えた。
 窓を横に滑らせて開けると、トールの声が聞こえる。
「もう着替えたのか。王都出たばっかだってのに、はえ~な」
「何かあってからじゃ困るじゃない」
 その時風が吹き込んできて、ジャケットを羽織っていないリーヴェの首筋を撫でていく。
 寒い、と感じた時にはくしゃみがでていた。
「はっくしゅん!」
「ぎえっ!」
 トールが急いで馬車から遠ざかった。
「お前、まだ風邪治ってなかったのかよ!」
「薬はもらって飲んでるってば。さっきまでは調子よかったんだけど。ところでちょっと遠すぎない?」
「伝染されてたまるか!」
 めちゃくちゃ嫌そうな顔で言われ、リーヴェはため息をつく。
「だって大声で話してたら、敵にみつかるじゃない」
「もう遅い!」
「……え?」
 トールが馬車を追い越して走っていく。
 前方に敵がいたようだ。
 馬車の後ろにいたらしいセアンも、それを追っていく。
 通りすがりざま、リーヴェに指示を出していった。
「お前は中にいて、備えておけ」
 リーヴェはうなずいて馬車のランプを消し、外の様子に目を凝らした。

前ページ  目次  次ページ

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Celsus  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
プロフィール
HN:
奏多(佐槻奏多)
性別:
非公開
自己紹介:
気の向くまま書いた話を、気が向いた時にUPしていきます。
著作権は全て奏多に帰属します。ご注意下さい。
ご用のある方は↓(★を@に変更して)まで。
kanata.tuki★live.jp
カウンター
web拍手
リンク
ブログ内検索
バーコード