忍者ブログ
Celsus
オリジナル小説を掲載しています。
 113 |  114 |  115 |  116 |  117 |  118 |  119 |  120 |  121 |  126 |  122 |
書いてみたら、一話分の分量で収まってしまいました。
その心に生まれたものは、疑惑と疑問、そして……ということで二部は終了です。
ご訪問、拍手を頂き本当にありがとうございます!

思い切りひっぱる内容で終わってしまってすみません。
いつも一冊完結分でお話を書いているので、続きを書くのは初めてで、いろいろと不慣れな部分が沢山あったかと思います。
作者自身も「ここで仲間をもっと書いておかなくちゃ、物語の後半が……」と近衛騎士の面々を書いてみたり、
敵側の設定もいろいろ詰めてみたり、
あれこれと楽しく、時には思い浮かばずに苦悩しつつも、二話目を書き終われて良かったです。

また、三部開始までややしばらくお待ち頂けると幸いでございます。
今度はまたしても、遠出をする感じでお話が進むかと。
戦闘シーンもちょいと多くなりそうな気がしますが、既に決めているラストに向けて、前進させようと思います。
おつきあい頂けますようお願い致します。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Celsus  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
プロフィール
HN:
奏多(佐槻奏多)
性別:
非公開
自己紹介:
気の向くまま書いた話を、気が向いた時にUPしていきます。
著作権は全て奏多に帰属します。ご注意下さい。
ご用のある方は↓(★を@に変更して)まで。
kanata.tuki★live.jp
カウンター
web拍手
リンク
ブログ内検索
バーコード