忍者ブログ
Celsus
オリジナル小説を掲載しています。
 133 |  138 |  139 |  134 |  140 |  143 |  141 |  144 |  142 |  145 |  147 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回も沢山の拍手とご来訪ありがとうございました!
おかげで忘年会続きでフラフラになりつつも、なんとか更新することができました。

とりあえず一山越えまして、本筋が少し動いていきます。
敵をどうやって倒すのか、結局疑惑は晴すことが出来るのか。
考えてはいるのですが、筆が追いつかないのがなんともかんとも口惜しい限りです。
同時に、山を越えた効果も少しずつ出てくるかも?

以下コメント返信です。

12/18 06時の方
初コメントありがとうございます!
拍手も嬉しいですが、こうして読んで下さった方の生の声を聞かせていただけるのは、本当に格別です!
彼の台詞には、いろいろな意味を不可したいがために、あえてぼかしてしまいましたが、
(出会った事とか、自分の秘密を知られたのがなぜこいつだったんだろうとか、etc...)
期待していただいた内容が含まれているかどうか、ご期待いただければ幸いです。
また見に来てやってください♪

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Celsus  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]
Admin ♥ Write ♥ Res
プロフィール
HN:
奏多(佐槻奏多)
性別:
非公開
自己紹介:
気の向くまま書いた話を、気が向いた時にUPしていきます。
著作権は全て奏多に帰属します。ご注意下さい。
ご用のある方は↓(★を@に変更して)まで。
kanata.tuki★live.jp
カウンター
web拍手
リンク
ブログ内検索
バーコード